DONUT

第14回:「絶品お取り寄せ餃子を食べ比べる」

2021.05.26 upload



中国では餃子は縁起のいい食べ物らしく、お祝いの席だったりお正月にはみんなで包んで食べたりすると聞いた。
一家団欒で餃子を包む姿をイメージしてみると、たしかに幸せな絵が浮かぶ。
餃子を包むことは『福を包み込むことでみんな一緒に幸せになろう』という意味があるという。
そんな縁起のよい食べ物、餃子にはちょっとしたパーティー感すら感じる。
お酒にも合う。ビールにはもちろん、ハイボールだってレモンサワーだって抜群に合う。
赤ワインとラム餃子なんて魅力的な組み合わせもある。
ただし、餃子を家で食べると僕はいつも不幸になる。
理由は餃子を上手く焼けたことがないからだ。
昔、中華料理店でバイトをしていた事もあり、餃子を焼くのは何度も見てきたつもりだが、自分で焼くと気づいた頃には、もんじゃ焼きが出来てる。
なので今回は餃子奉行である栃木県出身の友人と、宇都宮餃子に限定してお取り寄せし、たらふく食べてみることにした。

————————————————————————————



友人が選んでくれたのは5種類の冷凍餃子。
ラインナップは左上から、
・永華のジャンボ餃子
・寿限無(じゅげむ)餃子
・宇都宮みんみん
・青源の冷凍生餃子
・正嗣(まさし)のぎょうざ



蓋を開けると圧巻の光景。
どれもたれが付いており、こだわりを感じる。
ジュワ~と友人が手際よく焼いてくれるのでコツを聞きながら焼き上がるのを待つ。
缶ビール片手に、まずは王道でありトップオブザトップ「正嗣」の餃子から食べてみる。



栃木県へライブで行った際にお店にも行ったことのある「正嗣」。
薄皮だけど、もちっとした皮と野菜たっぷりの餡。大きさ、肉感、どこを取ってもバランスよく、早速『冷凍餃子ってこんなに美味しかったんだ……。』と実感。
焦がしネギが入った付属のピリ辛ラー油も勿論合う。

————————————————————————————

続いて、宇都宮みんみんの餃子。



みんみんの餃子は餡にキャベツではなく白菜を使っているので、あっさりとした口当たり。だが、ちゃんと肉のジューシーさもあり、何個でも食べたくなる味。
ニンニクの量も控えめで、ヘルシーさも感じられた。

————————————————————————————



お次は、青源(あおげん)の冷凍生餃子。
ネギ味噌餃子が有名らしく、味噌だれが付属している。
その味噌だれをたっぷりつけて食べてみると……う、うますぎる。
味噌だれの味が独特で、味噌の味もあり、酸味もあり、でも餃子にとてもよく合う。

————————————————————————————



寿限無(じゅげむ)餃子。
こちらはまずサイズが大きく、普通の餃子の約2個分。
噛んだらジュワッと肉汁が溢れ出した。そして化学調味料無添加らしい。たれが酢と黒胡椒のスタイルで、さっぱりとジューシーのバランスが絶妙だった。

————————————————————————————



最後は永華のジャンボ餃子。
ここは佐野ラーメンの有名なお店で以前食べに行ったがお店の方もとても良い人だった。とにかく餃子が大きく、普通の餃子の3個分くらいあるのでは……。
肉と野菜も盛り盛り入っていて、ボリューム満点、一度食べるとまた食べたいとやみつきになる味だった。

————————————————————————————

と、宇都宮餃子を5種類食べ比べてみた。
どれもクオリティが高かったが、個人的には「青源の冷凍生餃子」の味噌だれが今までに食べたことのない美味しさで印象的だった。
友人はやはり「正嗣のぎょうざ」が総合的に好きだったそうだ。

以前はよく栃木県にツアーで行き、餃子を食べていたのでまた早く行きたいと宇都宮と餃子に思いを馳せた1日だった。

━━━━━━━━━━━━━━
口に入れた瞬間BGM
斉藤和義「ずっと好きだった」
(2010年4月リリース シングル)
━━━━━━━━━━━━━━

©2021 DONUT

Dudes リリース情報




Dudes 1st single「エロイカ/BAND」
2019年12月12日(水)リリース
収録曲:01.エロイカ/02.BAND

LATEST ISSUE

LATEST ISSUE

PODCASTING

池袋交差点24時

STUDIO M.O.G.

STUDIO M.O.G.

amazon.co.jp

↑ PAGE TOP