DONUT



2021.02.26 upload

ザ・クロマニヨンズ ライブレビュー
「ザ・クロマニヨンズ MUD SHAKES 2021」
2021年2月20日(土) 東京ガーデンシアター

●撮影=柴田恵理 文=森内淳

2021年2月20日土曜日、東京ガーデンシアターでザ・クロマニヨンズのライブ「MUD SHAKES 2021」がおこなわれた。例年50本以上ツアーをやっているクロマニヨンズだが、コロナ禍で(今のところ)ライブは今回だけ。つまり一発勝負。しかも会場のキャパシティは8千人。コロナ禍で席数を半分以下に制限しているとはいえ、ライブハウスとホールを行き来する例年のツアーとは勝手が違う。それに加え有観客で生配信という要素も加わる。一方、オーディエンスもコロナ禍ということで大声を出して騒ぐわけにはいかない。一緒に歌うこともできない。ただ拍手のみのリアクション。リサイタルならわかるが、これはロックンロールのライブでありクロマニヨンズのライブなのだ。久しぶりにクロマニヨンズのライブが見られる喜びとどんなライブになるのかわからない戸惑いが入り混じった空気。それを1曲目の「VIVA! 自由!!」が軽く吹き飛ばした。



甲本ヒロト(vo)、真島昌利(gt)、小林勝(ba)、桐田勝治(dr) の4人が出す分厚いロックンロールは圧倒的だった。なんだろう、この音の一体感は。クロマニヨンズのライブをずっと見てきたが、この日の音の存在感はずば抜けていた。これが一発勝負にかける熱量なのか、集中力なのか、緊張感なのか。「東京ガーデンシアターは音がいい」という話は聞いていた。それも奏功しているのだろうけど、そういう問題じゃないような気がするのだ。「暴動チャイル(BO CHILE)」「浅葱色」とライブが進行するにつれ、(歌も含めた)サウンドはさらに揺るぎないものへと変わっていった。「to be a rock and not to roll」(揺らぐことのないひとつの岩)とはレッド・ツェッペリンの「天国への階段」の一節だが、この日の彼らの演奏はまさにその一節を体現しているかのようだった。「新オオカミロック」が披露され「カーセイダーZ」の演奏が終わる頃には「今まで自分が見たクロマニヨンズのライブのなかでベストだ」と確信するに至った。終演後のツイッターに「最高でした」としか書けなかったのは、どんな言葉もこの音楽を前にしては無意味だと思ったからだ。「ライブは一期一会」とはブルース・スプリングスティーンの言葉だが、いろんな偶然(それは決していい偶然ではないけれど)が重なり合って生み出された時間のように思えた。過去のライブを引き合いに出せば、「奇跡のようなライブ」といわれているポール・マッカートニーの国技館のライブを見たときの感覚に近い。それはぼくだけではなく、会場や生配信で、この時間を共有していることの喜びをみんなが抱いていたのではないか



『MUD SHAKES』のA面最後の曲「ドンパンロック」を演奏し終わって、「クレーンゲーム」「生きる」「ペテン師ロック」の3曲を披露。このパートではあまり演奏しない曲が披露されることもあるが、今回はすべてシングル曲。前作『PUNCH』のシングル曲「クレーンゲーム」はコロナのため途中で中止になった前ツアーを見られなかったファンにとっては嬉しい選曲だったはずだ。やり慣れた過去曲になると地力も加わり、ライブはさらに揺るぎないものになる。シングル曲の連投のなか、観客は自分を抑えるのに大変だったと思う。会場中に心のブレーキが響いているようだった(ぼくには聞こえた)。そこをなんとか拍手にとどめておく。爆発する感情をなんとか心のなかに収めたと思ったら、ライブは『MUD SHAKES』のB面へ。B面は楽しい曲が次々に出てくる。プリミティブなロックンロールから多種多様な方向へ楽曲が広がっていく、まさにクロマニヨンズのもうひとつの頂天だ。甲本は「空き家」の前に「ここからテンポは落ちるけど世の中は数字ではかれるものではありません」とMC。これらの楽曲は心の奥底が爆裂するロックンロールなのだ。とくに「妖怪山エレキ」「ふみきりうどん」は秀逸。ポップとシュールと空想と現実が混じり合い、クロマニヨンズにしか表現できない世界が現出する。「ふみきりうどん」が終わったときに甲本が「いいアルバムだなー」と思わずつぶやいていたが、『MUD SHAKES』はロックンロールをいろんな角度で照らした、クロマニヨンズらしい、いい作品だ。



「ふみきりうどん」が終わって「今日はお祭りにしましょう」というMCにつづきシングル「暴動チャイルド(BO CHILE)」のカップリング曲「東京ブキズキ」が披露された。つづいて「エルビス(仮)」「どん底」「突撃ロック」「タリホー」がまるでメドレーのように演奏される。爆裂ロックンロールで支配された会場は、コロナ禍のまどろっこしいマナーやルールによって積み上げられた重たいレンガの壁が一気に吹っ飛んでいくような、そんな解放感で会場が満たされた。『MUD SHAKES』B面ラストの「かまわないでくださいブルース」で本編は終了。通常ならここで一旦ステージ脇へと引っ込んでアンコールで再登場するのだが4人はそのままステージに残る。「一回引っ込もうと思ったけど面倒くせえなあ。引っ込んでもやることないし」というヒロトのMCで、そのままアンコールへ突入。「おまけやります。今年最初のライブ、楽しかった」というMCにつづき、「エイトビート」「ギリギリガガンガン」「ナンバーワン野郎!」を演奏。(今のところ)たった一夜限りのツアーは終了した。



巣ごもりのなか、不必要な情報まで大量に入り込んでくる今日この頃、それが余計に閉塞感を呼びこむんだけれど、そういうものの対極にロックンロールのライブはあるのではないか。音を体感したその瞬間に心が動く。そこにこそ自分が求める真実があるんじゃないか。今のぼくらにはもっとロックンロールが必要だ。そんなことを思いながら会場をあとにした。こんなテキストを書いておいて、矛盾しているのだが、インターネットから入り込んでくるいろんな言葉に惑わされすぎなんじゃないか、と思った。「かまわないでくださいブルース」を、今度はぼくらが鳴らす番なのだ。




「ザ・クロマニヨンズ MUD SHAKES 2021」
2021年2月20日(土) 東京ガーデンシアター
<<SETLIST>>
01.VIVA! 自由!!
02.暴動チャイルド(BO CHILE)
03.浅葱色
04.新オオカミロック
05.カーセイダーZ
06.ドンパンロック
07.クレーンゲーム
08.生きる
09.ペテン師ロック
10.妖怪山エレキ
11.メタリックサマー
12.空き家
13.新人
14.ふみきりうどん
15.東京ブキズキ
16.エルビス(仮)
17.どん底
18.突撃ロック
19.タリホー
20.かまわないでくださいブルース
21.エイトビート
22.ギリギリガガンガン
23.ナンバーワン野郎!

© 2021 DONUT

>> go to Back Number

INFORMATION


ザ・クロマニヨンズ『MUD SHAKES』
2020年12月2日(水)Release
収録曲:1. VIVA! 自由!! 2. 暴動チャイル(BO CHILE) 3. 浅葱色 4. 新オオカミロック 5. カーセイダーZ 6. ドンパンロック 7. 妖怪山エレキ 8. メタリックサマー 9. 空き家 10. 新人 11. ふみきりうどん 12. かまわないでくださいブルース


※ LIVE INFORMATION は公式サイトでご確認ください。


■Amazon

↑ PAGE TOP


OUR WORKS

LATEST ISSUE

LATEST ISSUE

PODCASTING

池袋交差点24時

STUDIO M.O.G.

STUDIO M.O.G.

amazon.co.jp

↑ PAGE TOP